アガリクスで免役力を高めよう|免役UP効果の実感

食べ物で温活

女の人

体を温めるもの

冬になると冷え性に苦しむ人は少なくはありません。冷え性から守るために、体を温めるのに厚着をして部屋を暖かくすることの他に、食べるものにも着目してみましょう。食べものには、太陽の「陽」からとった陽性にものが存在します。そのようなものを摂取すればおのずと体を温め、ポカポカさせてくれます。どのようなものが陽性のものなのか見極める方法があります。それは寒い地方の人が好むもの、色の濃いものです。根菜類や生姜、自然薯、赤身の肉などがそれに該当します。逆に体を冷やす作用のある陰性のものもあります。南国など暖かい土地のもの、夏の野菜などがそうです。熱帯の果物、茄子科の野菜の他にコーヒーや牛乳もそれらのグループに含まれます。

注意すること

陰性の食べ物には体を冷やす効果があり、冷え性の人が過剰に摂取すると冷えを悪化させる恐れがあります。「野菜が体に良い」からといってレタスやトマト、キュウリなどのはいった生のサラダを食べ過ぎるのは、体を冷やし過ぎてしまいます。しかし、注意することは、冷え性であるからといって絶対的に陰性の食べ物が健康に悪いと決めつけないことです。陽性陰性で優劣をつけずに陰性に偏り過ぎない、陽性のものを多めにとることが冷え性の人にとって良い配分の食事であるといえます。それにより健康な体に近づくことができます。何事にもバランスは大切であります。「陽」と「陰」の食べ物をよく知り、バランスを保った状態でいることが冷え性改善に効果的です。